〒564-0051 大阪府吹田市豊津町2-24
江坂プラザビル1F

AGEとは

AGE(終末糖化産物)は、Advanced Glycation End Productsの略で、糖がこびりついたタンパク質に熱を加えることで焦げた状態のことをいいます。

つまり、はじめはプリプリりしていたタンパク質(コラーゲン)に、糖が交わって、体温によって加熱されることによって、メイラード反応という焦げた現象が起き、プリプリ感が無くなった状態の事をいいます。

ホットケーキを想像してみてください。

ホットケーキには小麦粉、水以外に、卵やバターなどのタンパク質と、お砂糖が含まれています。フライパンに乗せた時はプリプリしています。しかし焼いている内に表面がキツネ色になって来ます。その焦げる状態がメイラード反応です。表面はプリプリ感を失って、堅くなっていますよね。それと同じ現象が身体の中でも起きているのです。

さまざまなタンパク質の中でも有名なのがコラーゲンです。このコラーゲンが糖化するとゴムのように固くなってきます。また糖化すると、本来タンパク質がもっている働きが鈍くなってきます。俗にいう劣化するということです。

固く劣化したコラーゲンがたまってくると、血管が固くなり、動脈硬化になります。アルツハイマーの原因にもなります。お肌にシミができやすくなり、皺やたるみの原因になります。そして、髪の毛が薄くなってきます。

老化との関係

AGEが体内に溜まってくると、肌の艶やハリがなくなり、シミができてきます。これらが、老け顔の原因になります。シミは、肌だけではなく脳内にもできてきます。これが、アルツハイマーの原因となります。骨もコラーゲンからできていますが、AGEが骨に溜まるとちょっとつまずいただけで骨が折れるというふうに、骨がもろくなってしまいます。血管が固くなると動脈硬化が起こります。そして、癌になりやすいことも分かっています。

AGEが溜まることで起こる現象は、どれも老化といわれる現象ですから、AGEの溜まり具合を調整することが、老化を遅らせることにつながります。

AGEはどうして溜まるのでしょうか

本来、身体が必要とする以上の糖分が体内に入ると、行き場を失った糖が体内の細胞に糖がこびりつきます。これが糖化です。そして体温で暖められて体内でAGEが出来てしまうのです。

また、一般的に油っぽい食べ物や、高温で揚げたり焼いたりすると、AGEが多くできます。AGEの目安は茶色です。例えば、鶏肉を水炊きで食べた時のAGEを1とすると、焼き鳥は5倍、唐揚げは10倍にもなります。

このような食べ物に含まれているAGEの一部は、消化される段階で分解されるのですが、

それでも数%は排泄されずに体内に溜まってしまいます。

それらが、長い年月をかけて溜まっくることにより、体にさまざまな影響を与えることになるのです。

AGEはどうしたら、溜まるのを防げるのでしょうか

一般的に油っぽい食べ物や、高温で揚げたり焼いたりする食べ物をとりすぎないように心がけることが重要です。甘い食べ物やファーストフードもとりすぎに注意することです。電磁波に当たるとAGEができやすいので、電子レンジで調理をするより、ゆっくりゆでたり、炊いたり、蒸したりする時間をかけた調理法が好ましいです。

また、AGEを抑える働きのある食べ物、例えばブロッコリーや玉ねぎを多くとることをお勧めします。その他には、唐揚げの肉はレモンでしめてから調理するとか、カルボナーラの生クリームを豆乳に変えたりするのも、AGEを減らす効果があります。食べ方のスピードや食べる順番でもAGE対策ができますから、できることから始めてみましょう。

AGEの測定方法

トゥルーエイジングスキャンというAGEを測定できる機械があります。皮膚にたまったAGEは、測定器にかけると、およそ数秒で、どの程度自分の体の中にAGEがたまっているか分かります。

自分のAGE値を知ることで、目指す目標ができれば、AGEを増やさないように努力したり、生活や食べ物に充分気をつけることで、老化の進行を今までより、遅らせることができるようになります。

ページ上部へ戻る